本文へスキップ

私たちの研究室では 腸内細菌の代謝産物を介した ヒトと腸内細菌の共生機構を解明することで 人類に貢献します

石川県立大学 腸内細菌共生機構学講座は、2013年10月1日に公益財団法人発酵研究所(IFO)のご寄附により
石川県立大学に開設された寄附講座です。

  新着情報                        アーカイブはこちら

2016年8月2日〜4日
京都大学大学院農学研究科 応用微生物学講座 発酵生理及び醸造学研究室の岸野重信先生と大学院生の方々が来訪され、嫌気チャンバーを使った共同研究を行いました。
2016年5月16日
「第6回 腸内細菌共生機構学特別セミナー〜腸内細菌制御への様々なアプローチ〜」を、中井博之先生(新潟大学)、奥田修二郎先生(新潟大学)、吉見一人先生(国立遺伝学研究所)をお招きして行いました。→blog
2016年4月4日
栗原准教授による「アメリカ南部留学体験記」がBB Chubuに掲載されました。→BB Chubu 第9号(2016年4月号)
2016年4月1日
食品科学科4回生の平野里佳さんが配属されました。→blog
2016年3月31日
第2実験室を少し広い部屋に引っ越しました。→blog

  研究成果                        アーカイブはこちら

2016年8月30日up    
高効率の1,2-α-L-フコシンターゼの作出と、この酵素を用いたH抗原のオリゴ糖及び糖タンパクの糖鎖への導入に成功し、「Glycobiology」に発表しました。→PubMed
2016年8月30日up    
ポリアミンの一種であるプトレッシンを修飾する2つの新規酵素であるプトレッシン-2-ハイドロキシラーゼと、プトレッシン-N-ハイロドロキシラーゼの機能を同定し、「ACS Chemical Biology」に発表しました。→PubMed
2016年5月11日up
ヒト腸内細菌最優勢種の一つであるBacteroides thetaiotaomicronのポリアミン合成系を構成する酵素カルボキシスペルミジンデカルボキシラーゼ遺伝子の同定を行い、「Amino Acids」に発表しました。→PubMed
2016年3月1日up
大腸菌を用いて有用なモルフィナンアルカロイドであるテバイン、さらには鎮痛剤であるハイドロコドンを安価なグリセロールから合成する大腸菌発酵生産系を開発し、「Nature Communications」に発表しました。→PubMed
2015年10月1日up
ビフィズス菌Bifidobacterium bifidumが母乳オリゴ糖を分解する上で、重要な酵素ラクト-N-ビオシダーゼの有効な阻害剤を合成し、「Chemical Communication」に発表しました。本酵素の生理機能解明が期待されます。
→PubMed

バナースペース



リンク